サークル情報

山家剣友会

剣道

対象者:小学生・中学生

山家剣友会の前身は、旧陸海軍の在郷軍人の方々の集まりで山家郷友会でした。この会が子どもたちを健全に育てる目的で、昭和42年から剣道の指導を始めました。
当時(昭和42年)は防具もなく、会が竹刀等を購入して子どもたちに与え、稽古をしていました。
小中学生117人が入会しました。入会者の多さに驚かれ、二日市剣友会の田中様や御笠剣友会の柴田様が、どのように勧誘したのかと、わざわざ視察に来られたほどでした。
発足時は専門の指導者がおらず、駐在所の竹下氏が仕事の合間に指導されておりました。
 また、山家財産区より、青少年健全育成を目的としている剣友会に資金援助をいただきました。(現在も資金援助は続いています。)
 郷友会の歴代会長が、剣友会会長としてしばらくは世話をして頂いていました。その後は後援会会長が剣友会の会長を兼務されていましたが、平成3年より剣友会会長に、桐木平氏・後援会会長に甲斐氏のもと組織作りを行い、現在に至っています。

 山家剣友会名誉会長の水城氏には、当時(昭和42年)より指導して頂き、現在も何かと相談にのって頂いています。
 山家小学校は、平成12年をもって創立125年を迎え、記念行事を行いました。

山家小学校体育館 (筑紫野市大字山家4341)

稽古日:毎週 火・木・土 (1.5~2時間)
092-926-3973
河津